読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

afureru

かわいいが溢れる

超特急三周年 クリスマスステージ~三周年だよびっくり~

基本的にK-POPのことしか書かないつもりだったのだけど、あまりにもクリスマスの超特急のステージが良かったので書きます。これで興味を持ってくれる人が増えたら嬉しいなあ。

超特急とはなんぞやという方が多いと思うので簡単に触れますと。

 

和製KーPOPグループを目指しスターダストに寄って結成された7人組(もはやこの時点で意味が分からない)バックボーカルにメインダンサーと、ダンサーを表に出したグループで、その名前の通りボーカルが歌いダンサーが踊る。最近はボーカルも踊る事が増えたけどやっぱりダンサーが中心になって踊り、ボーカルは本当に後ろで歌う。逆エグザイルです。

年齢順に1~7号車までおり、ファンの事は8号車と呼ぶ(K-POPっぽい~!)メンバーからも決まっていて、1号車の最年長と7号車の最年少がバックボーカル、2~6号車がメインダンサーです。

1号車お父さん担当コーイチ(パッチリ二重に生まれた理由は、愛しの貴方を見つめるため。パパはパパでもオヤジとだけは呼ばないで。)

2号車神秘担当カイ(超特急2号車はミステリアスな号車です。どこに辿りつくのかは僕にすらも分かりません。太陽系から愛込めて、水金地火木土天\カイ~!/)

3号車ガリガリ担当リョウガ(ガリガリリョウガ、ガリリョウガ。リョウガガリガリ、ガリリョウガ。家電が薄型の時代である今、人間も薄型になるべきだと思っています。)

4号車筋肉担当タクヤ(4号車マッスルトレインのお通りでーす。一番好きな筋肉の部位は(上腕二頭筋)その次に好きな筋肉の部位は?(大胸筋)筋肉ニクニク2×9(18)プラス(年齢分/2014年は+2))

5号車ドジっ子担当ユーキ(生まれは徳島阿波の国。バク転・側転・ロンダート!舞の奥義を修得し、5号車どじっ子名誉にあずかる。たまにやっちゃう奇妙な過ちも、見方を変えればキュートな愛嬌)

6号車元気担当ユースケ(ご乗車くだせぇ超特急6号車ひとたび乗ってもらえれば貴方に元気の華を咲かせましょう!ユーユー!(ユースケ!)ユーワナ!(ユースケ!))

7号車末っ子担当タカシ(浪速の町で産声あげて、お好み焼きとたこ焼きだけでここまで大きくなりました。現在身長180cm成長中、末っ子担当イメージカラーは純白のタカシやで!)

と言うわけで口上も書いてみた訳だけど何だろうこの人達?!ってかんじですね?!リョウガの口上とか書いててちょっと指釣りそうなった。ごめんウソ付いた。名前の色はメンバーカラーでタカシは白なんだけど白なんかにしたら見えるもんも見えないのでグレーでよろしく!言うて黄色も見えない。

ちなみに私の推しはユースケくんです。元気の華を咲かせてもらっています。

 

すっかりびっぽこに夢中の私は少し足が遠のいて…というか彼らが毎日ブログ更新してくれるので、それを追うのもちょっと大変で毎日カムバ状態見たいな。まぁ見れるんですけどわたしがサボって見てないだけで、なので最近の彼らをほぼ知らぬまま足を運んだ会場。ikkiとビリビリは行ってたものの関東ではあまりステージを踏めなくなってしまったので(彼らのメインは今んとこフリーライブなので、もう関東だと人が集まりすぎるのよね)、スターギアについてはほとんど足を運べませんでした。


超特急「Star Gear」MUSIC VIDEO - YouTube

ちなみにコレが最新曲なんだけども、サムネが既にK-POPっぽい。センターは神秘担当のカイくんです。超特急は曲によってダンサーのセンターが変わるのが良い!

ちなみにわたしの推しであるユースケちゃんが初センターを飾りわたしが初東名阪遠征をこなし体調を崩しまくった曲はこれだよ!


超特急「ikki!!!!!i!!」MUSIC VIDEO - YouTube

サムネがカッコよすぎて可愛くて泣きそう是非見て下さい。

 

 

いつも一緒に行く友人とは仕事終わりに駆け込んだので写真などなど会場限定グッズは軒並み完売(笑うところ)。フォロワーさんがユースケちゃん持ってて、譲りますよ~!て言って下さったのでユースケちゃん買い取らせて頂きました可愛いサンタ可愛い号泣。知り合いにもへこへこ会い、そしてエクステ付けたわたしは大体「あれ?髪の毛伸びましたね?」から始まりこれに対して本気でふざけていいのかどうなのか迷うわたし。

始まる前はいつも通りではあるけれど会場が国際フォーラムホールAと思い出深すぎる場所で、一緒にジャニオタから降りてきた、というか今もジャニオタではあるけれども、しかも二人とも国際フォーラムでひどく思い入れがある…ていうか簡単に言うとセクゾンなんですけどね。私は5人で彼女はジュニアで思い入れがあり、しかもホールAとか、ああもうびっぽこでも来たし泣きそうやで!っていう状態で、10分押しくらいで始まった超特急のライブ。

コンサートではなくライブと称したいのは彼らがメインにしているのがダンスとボーカルでしっかりと分かれていて、分かれているからこそ、それぞれが分野に専念出来てどんどんとクオリティを上げていくからなのですが、それ通り越して今回はミュージカルだった。ボーカルの歌に合わせてコミカルに踊るダンサー。表現力も上がっているし、魅せる力がそこに存在していて、ポカンと開いた口がふさがらなくて終始「すげー!すげー!」って叫んでました。

12月25日というクリスマスに行われたライブだったからクリスマスソングから始まり、キッチリとした燕尾衣装に身を包む超特急は、チェス盤のような床にとてもマッチしていて可愛い。ユーキくんは髪を赤く染め、カイくんも多分色を抜いて更にプラチナになってた。前髪一部だけ黒くて、スジュのソンミンさんらしくなっていたのですが(ちなみにカイくんはK-POP大好きマンである。BEASTのヒョソンさん?が大好きである。もちろんEXOのKAIくんも大好きマンである)(名誉のために言うけど彼の本名が小笠原海でカイなのでただ本名名乗ってるだけだよ!どっちかって言うとKAIくんがアレだよ!笑)そんな衝撃的な前髪よりも、おれのユースケちゃん可愛すぎてえげつねぇから。と言うか本当にikkiで自信を身に付けたユースケちゃんはどんどん美貌に磨きがかかるばかりで、イケメンだし可愛いし美少女だしで相変わらず男子相手に美少女…!とのたまうのですけれども、でもこれはしょうがねぇんだ…。

3曲くらいかな?超特急の曲を披露してくれたあとは、プロジェクトマッピングを使っての演出。今まで本当に7人がステージにいるだけ、あとはライブみたいに二階の足場がある、後ろにはモニターっていう構造が多かったから、まさかこんなプロジェクトマッピング使って演出とか?!って驚いたのだけど、コミカルに動き回る7人に感動がやまないです。歌もそうだけど動きも凄い。何回練習して何回合わせて何回想像したんだろう、鏡の前で音に合わせて何度も修正を繰り返し細かく練習して体に沁み付けてきたんだろうその動きは見事すぎて、本当にエンターテイメントを見ている気分。今までの楽しいライブ!っていうよりも、魅せて貰うライブ!みたいな印象が本当に強くって、まるでディズニーランドに来てるような気分でした。

タカシのウィンターランドとか本当に天使すぎて可愛すぎて堪らないし、まさか末っ子がお兄ちゃん達にプレゼントを配るというシステム!wそしてユースケちゃんが貰えないというオチ!ユースケちゃんって可愛いし表情も豊かというか上手く作れる子だし、大げさに動いても「可愛いw」ってなるのでこう言うオチには最適なんですよね。一番でかい末っ子に一番小さい一つ上のお兄ちゃんが、ちょっと、ちょっと!ぼくにも!ってひょいひょい避けられるプレゼントに飛び付くさまの可愛さったら。結局貰えないプレゼントだったんだけど、ユースケちゃんがこっそりとプレゼントをとったら、それがバレて「おい~!」って追いかけまわされるの。飛び付かれたり、追いかけられたりするメンバーをかいくぐって、へへへ~ってプレゼント上にあげてニヤニヤしてたら、後ろからプレゼントをサッ!て奪われちゃって。「あ、ちょっと!」って追いかけるけど逃げ切られて、ユーキくんとカイくんでプレゼント開けちゃうんです。そしたら中に黄金の靴が入っていて。ユースケちゃん黄色担当だし、黄金だし、私本当「そのプレゼントユースケちゃんのだからああああ」って叫んだんだけど(笑)次に出てきた二人が、足元が黄金の靴なの!そしてタップをするんですよ!超DZって番組でタップのレッスン受けてたんだけど、ここで生かされる?!

ダンスが特別上手い二人ってわけじゃないんです。ユーキくんはダンスしか出来ないんじゃないかってくらい本当にダンスばかりなのだけど、カイくんよりはリョウガのがうまい。でもなんというかバランスが良いというか、若干中性的な雰囲気を醸す二人なので、その点でバランスが良いのかなぁ。カイくんよりはっていうけどカイくんもうまいし。

マイクスタンド取り出して来た時は正直「歌うの?!」ってビビったんですけど歌うわけもなく(笑)ボーカルはマジで歌ってたけど、ダンサーはふりだけ。なのにユースケちゃん、ちゃんとマイクから動かないようにして踊るの。歌ってないのに。他の子目に入ってないので比較はできないですけども、お、おまえ(泣)ってなりながら双眼鏡を覗くわたし。

BloodyNightって曲があるんですけど


超特急「Bloody Night」MUSIC VIDEO - YouTube

これがバンパイアコンセプトでね。プロジェクトマッピングに入る前、ユースケちゃんが「もうぼくたち寝るから、みんな、ペンライト消して真っ暗にしてね~」って言うジェスチャーするんだけど(かわいい)そのあとに大きな壁時計がプロジェクトマッピングで浮き上がるんです。わたしはそれを見て「カリオストロの城…!」ってなったんだけど、そのあとに浮かび上がるふたつのシルエットと悲鳴、そして出てくる超特急…。久しぶりにこのサムネにもあるマントを身につけて踊る彼らを見て友達は「やっぱこれだよ…!」って言ってたし、割と自分が見たいものが詰め込まれているライブだったから本当満足した。

あ、幕間があったのは凄い笑いましたwwでもウィンターメドレーって感じでクリスマスの曲を歌い、ミュージカルみたいに歌い踊る彼らを見てたらもうこっちの休憩っていうか超特急の休憩だよねって(笑)そりゃしょうがない。出演者は7人だけ。フォーラムのステージを所狭し休まず駆け回るんだからどれだけ体力を消費するやら…しかもダンサーはダンスに特化している分、ずっと踊り続けていますしね。

幕間のあとは超特急のライブ!っていう感じで、挨拶を挟みつつもおなじみの曲ばかりをやってくれて本当に楽しかった!超特急と言えばペンラ芸なんですが、前半はミュージカル見に来てるみたいでペンラを振るタイミングがなかったんですよね。別になくっても十分楽しかったのですが、行く一つの理由としてバカみたいに大声あげてペンラ芸して、コールして楽しむ!っていうのもあるので、ミュージカルだけで終わってたら不満残ってたかも。後半でもペンライト消してねって時があるんですけど、その時にダンサーが残るんですね。その時点でこの後ボーカルタイムなんだって察したんですが、そこでね、前半ではユースケちゃんがかわゆくジェスチャーしたのに、後半はダンサーがとても素敵なことを言っているのに、タクちゃんの「ペンライトを消してね」で大草原不可避。俳優草川拓弥を捕まえてwwwなんでwwww直接的に言わせちゃったんだよ!wwwww

不満はない、ないけど…ただikkiがメドレーになって短くなってたのはめちゃくちゃ寂しいよ…(推しの曲だから)

ボーカルのセッションは本当にそれだけタカシの歌唱力があがったんだっていうのとか、コーイチくんも凄く楽しそうに歌うから、ああこれだけ気持ちよく歌えるパートナーと出会えて良かったなあ…とか本当思ってしまって。出来るだけ騒がないようにするんだけど(歌タイムだから)どうしても騒いでしまう超特急…。普段は静かですよ多分…。フラッシュバックは頭の中でダンサー踊ってたけど見たかったなあダンス。でも宇宙のグラフィックと共に歌い上げるボーカル二人の姿は本当に超銀河だった。

 

 いつも挨拶、1号車から順番にしんみりとした始まりになるんですね。コーイチくんはサンドゥルさんと同じ感じで喋ると落ち着いて少し鼻にかかったような声になるんですけど、その声がまた、会場全体にゆったり広がってどうしても聞かなきゃいけない声になるので(褒めてます)、あと総括みたいに今まで思ってた事全部まとめて言うからどうしてもしんみりしちゃうのですよね。いい話なんだ。

カイくんの最後の挨拶は、こっちが不安になるくらい抱え込んでいて大丈夫なのかな…って思いました。「超特急は三年で国際フォーラムまで来させてもらって、まだまだ先かなって思っていたのにこんなに早く叶えてもらって。ここまで超特急できているから、超特急らしく、もっと早くもっと大きなステージでパフォーマンスをして。もっともっと、みなさんと一緒に大きなステージへ行きたい」っていう感じのことを言ってたんですけど、わたしはそれを聞いて逆にとても不安になったんです。どうしてそんなに焦るんだろう?何がカイくんをそんなに急き立てているんだろう?別に超特急だからって早く行かなきゃいけないことなんてないのになぁ。確かにデビューして三年でフォーラムを押さえてもらって、全国から八号車が集まってクリスマスと三周年を過ごしたし、これは確かにある意味挑戦で。ここで成果を残せなければただ落ちていくだけだというのも分かるし、カイくんは頭の良い子だからそこまで考えた上でしっかりとした結果を残したいって思っているのでしょうが、こちらとしてはそんなに抱え込まないで?!カイくんの思いはみんな分かってるから支えていくから大丈夫だよ?!(ただ私はDDなので若干心が痛い)ってなもんですよ!

リョウガはリーダーだから飛ばされるのは見てて安定で楽しいです(笑)カイくんが飛ばすこともあれば、タクちゃんが奪いに行く時もあって。カイくんとタクちゃんて高校同じだし親友みたいでとっても雰囲気が良い。タクちゃんは前二人の挨拶を聞いて(この段階では前の流れもあってみんなペンラ消してた)しんみりしすぎたと感じたらしく「もうみんなペンラ付けよ!もう、こんなしんみりしてたら、俺のハートが壊れそう」みたいなことを言ってて(つけよ!が捨てよ!にも聞こえて「捨てよじゃない!つけよ!w」って言ってたのも可愛い)もうなんていうか「だぐぢゃん(号泣)がっごいいよおおおおおおおおおお(号泣)」友人と二人で絶叫。主に私が絶叫。タクちゃんはいつもそうやって周りを気遣って打破してくれるから凄い好きなんですよ~カッコイイ。残念なことに言ってたことほとんど覚えてないんだけどなんでだ…(多分絶叫しながらかっこいいよおおおって叫んでたからだ)。

ユーキくんは普段泣かないし宇宙人のくせに(すいません)こういった挨拶のとき、実は真っ先に泣き出すんですよね。いつも挨拶しながらべそかいてたんだけどこの日は「あの(号泣)」スイッチ入るの早すぎて、こっちが追いつかないwwwwでもユーキくんは超特急に本当にかけていて、超特急がなければ多分ユーキくんが芸能界にいたい夢もダンスをし続けていたい夢も危うかったのかもしれない。ステージがあること支えてくれるスタッフさんがいることに対して上手く言葉に出来ないけど人一倍感謝しているのが毎回分かるし、ユーキくんはいつもいつも「僕にはダンスしかなくて」って言うんですけど、そんなことないよ!って言ってあげたい。自分でも自覚するくらいブログの誤字は直らないけどwそこも魅力的だし、想いが大きいから溢れてまいっかい泣いちゃうのも魅力的だと思うし。そんでユースケちゃんはここまで泣かなかったのに(絶対カイくんの挨拶辺りでなくと思ったから意外!って思ってたのに)ユーキくんがべそべそ泣いちゃうからこっそりもらい泣きしているのを私は見逃していない。

そんなユースケちゃん、挨拶でそのまま泣くかな?って思ったら泣かなくって。「19歳は泣かないってきめたんです!」って宣言する姿はただの6歳児だったけど、ああユースケちゃんも成長しているなあ……と姉心を刺激された…。ユースケちゃんはいつも喋るとひらがななんですね。「あの、ぼく、ほんとうに」って感じで。声も落ち着いて喋るとちょっと小さいんだけどすごい高くなっちゃっておさない。もう喋ってるだけで可愛くて可愛くってわたしだけじゃなくて、隣に座っていた子らも「ユースケくんほんとかわいいな女子か…」ってぼやくぐらいの可愛さでした…。言ってたこと?覚えてない(悔しい)。でもわたしは泣かない彼の姿に成長を感じた!……けどやっぱり一回泣いちゃってww下を向いて涙を堪えるユースケちゃんはまだ知ってるユースケちゃんで安心しました。あと段幕があがってすぐ泣いたところも。でも、泣いたユースケちゃんを見て思わず会場を見回したけど、確かにこれだけ会場がペンライトで埋まっていたら涙も出てくる。しかもこれが全部自分たちのファンですもの。そりゃあ泣けてくるよね。

タカシはね、本当にびっくりした。とても毎回素敵なことを言う末っ子なんですけど、初めて泣いてしまった。去年はクリスマスイブだったけど、多分ユースケの生誕のほうに気をもってかれてたのかな。改めて三周年という現場で、ファンで埋まるステージを見て、挨拶の時に極まってしまったのかな。思う事は沢山あるんですけど、堪えたのに後ろを向いて上を向いて涙を流すタカシはとっても男子高校生ですごくきゅんとしてしまいました。とても良かったんだ。そして「あー!三年目でついに泣いてもーたー!」って言う姿は、泣きたい気持ちになったことはあったのに今まで我慢してたんだな、言葉をちゃんと伝えたいしきっと兄が泣くから我慢したんだな…って思ってもう…(涙)ユースケちゃんとユーキくんが近いのですぐにタカシに寄ったんだけど、前に回り込んだユーキくんと隣に寄ってったユースケちゃんの間に目をぐしぐししながら腕を伸ばして。掴んだのがユースケちゃんの腕だったんですよ。それがねすっごく心に残ってて…ゆーすけちゃんの腕を掴むタカシは末っ子だったし、掴まれて掴み返すユースケちゃんはお兄ちゃんだった。上5人が同い年で、二人だけ年齢が違う。タカシもまだまだ歌なんてほとんどやったことがない中やってきて、年上ばかりで怖い中、ユースケちゃんが笑いかけてくれた事が本当に嬉しかったって言ってたんですよね。尊敬する人はいるけど多分唯一無二のお兄ちゃんだから、なんかちっちゃいのとでっかいのだけどほんっとにそれがもうタカスケええええ(涙)尊いいいいいい(涙)

リョウガの挨拶はいつもだらだらと遠回りをするようなのですが、とても気持ちが良いです。とてもまっすぐで不器用な挨拶。ある程度言う事を考えてこれるのに「今思った事を言いたいから考えないんだよ」っていうのはリョウガらしくって好きでした。あと本当に頭の回転が不思議で、早いとか聡いとかではなくて独特っていうか…でもそのケミカルさがまた超特急のリーダーたる安心感っていうか!昨年8月にリーダーに就任してから一年とちょっと。確実にリーダーとして成長している感じがあります。あれだけ長い間だらだら喋ったらもちろんだれるんだけど、リョウガはあまりだれないし、他のメンバーが泣いたからリョウガもなくのかと黙っているところに「がんばってー!」って八号車から声がすれば「あ、大丈夫泣かない。ちょっと今考えてるところだから」ってその場で出てきた言葉を吐き出してくれるのは嬉しいし、ある意味すっごい度胸の持ち主だなって思います。だってあんなステージで何も考えてこないって!まあ、思いつかないの方が強いのか、それとも他のことが頭を占めているからなのかは分からないんだけど。いっつもリョウガの挨拶、じんわりとした気持ちとほのかな笑いを残してくれるから好きだ。

 

挨拶のあと最後に曲を披露してから、アンコールにはいったんですけど、アンコールでユースケちゃんがべっしょべしょに泣いてしまったんですね~もうねこっちがビックリするわ~。あなたさっき言ってた事は?!てなったけどそれよりも先にもう、我慢しきれずにベショベショに泣いちゃうユースケちゃんに泣き笑いが止まらぬ。

アルバムの中にあるBye Bye Byeって曲があるらしいのですが(買ってないんだよお!買わねば!)その曲の振り付けをユースケちゃんが担当したんですって…!!わたしはもう知らぬから絶叫。あとダンスの振り付けって聞いてカイくんかユーキくんだと思ってたからマジで絶叫。ユースケちゃんはユースケちゃんで、発表された時に泣いてしまってコーイチくんに「ダンスの振り付けをした、と発表されて泣いております!(笑)」って言われちゃう始末。それな!ほんとそれな!(笑)

「はちごうしゃさんと、ぼくたちちょうとっきゅうと、どんなふうに踊ったらたのしいかなあ(泣)これやったらマネしてくれるかなあ(泣)とか(泣)かんがえてるときは(泣)もう、はちごうしゃさんと、ぼくたちのことしか(泣)かんがえてなくてぇ(泣)」

って感じで喋ってた…。めっちゃかわいい…でもべっしょべっしょに泣きすぎ…。やっと収まってきた頃にコーイチくんが半笑いで質問した内容↓

1「この曲はやっぱり河川敷で振り付けしたんですか?」

6「あ、あのですね、時間がなくてですね、河川敷はいけなかったので、家の前で、かんがえました」

1「家の前(笑)」

6「深夜に。たのしかったです」

7「泣きながら楽しかったですって(笑)」

この流れ可愛すぎてしんどい。最後のタカシのツッコミがさりげなさすぎて可愛くてしんどい。披露された曲はユースケちゃんらしく本当に可愛くって…!!曲も「ばいばいなんてやだよ。もう会えないみたいで、だから別れのあいさつは「またあした」がいいよね」って感じの曲なんですけど、スーパーハッピーハピネスミラクルキュートタイムすぎる。ユースケちゃんが考えただけに所々に超特急のダンスのフリがあったり、でもユースケちゃんダンスはじめたの超特急はいってからだから三年なのに振り付けしたとか、あと一人で頑張って深夜に家の前で考えたんだなあ、とか、本当に大きく成長したなあもう見守るユースケちゃんじゃなくってついて行きたい、応援したい、せざるを得ないなあって思ってたら、わたしも泣けてきてしまって(笑)もう凄い可愛くて楽しい曲なのに無言で泣きながら見るっていう。メンバー同士がハグしたり、サビのフリなんか恐ろしく簡単で、すぐにマネ出来るようなもので。ああもう本当にいっぱい考えたんだなーっていうのとか、あと真ん中でたくちゃんが「寂しい><」って顔したらかわいいよね!かわいいでしょ八号車さん!!ていうユースケちゃんの想いがめっちゃくちゃ伝わってくる可愛い曲でした(笑)

この曲は初めて聴いた時から最後にやりたいね、って話をしていて。

そんな曲の振り付けをユースケちゃんに任されたことが凄く凄く嬉しかったです。

 

クリスマス、本当にわたしもべしょべしょに泣いた楽しい楽しい三時間でした。超特急で三時間のライブなんて初めてかも知れない。ミュージカルといいライブといい、なんだかとても成長した超特急が見れて、なんていうかなぁ。これはこの先のステップも踏んでいくところに居合わせたいなぁ、と思った一日でした。

終わったあと美少女のフォロワーさんとっつかまえて友人とやこばの時間までマックで時間つぶしながら、次の日の仕事に向かったんですが、もう本当にやる気なさすぎてしんどかった(笑)仕事納めじゃなきゃ休んでた!(笑)